1/5

歴史公園信州高山 一茶ゆかりの里 一茶館について 

 小林一茶は、1763年に信州柏原(長野県信濃町)で生まれ、15歳で江戸に出て芭蕉、蕪村に続く日本を代表する俳諧師となりました。生涯に2万句を詠み、子どもから大人まで世界中に人気のある俳句詩人です。一茶は51歳で故郷に戻り、北信濃で「一茶社中」を興し俳諧の指導をしました。長野県高山村には、久保田春耕を始め多くの門人がいました。一茶は春耕から離れ家「水石亭」を提供され、1828年に65歳で亡くなるまで、ここに140日以上逗留して近隣の門人たちの指導にあたりました。 

本館は、この離れ屋を移築復元すると共に、高山村の門人の子孫に家宝として伝えられてきた50点に及ぶ一茶の遺墨と関連資料約150点を保存、公開する日本一の一茶博物館です。

アクセスカウンター

  • Twitter Classic
ウェブサイト コンテンツ

一茶の俳句キーワード検索

一茶の俳句21000句余が

キーワードで検索できます。

一茶の俳句キーワード検索へ

一茶ゆかりの里 令和元年チラシ

イベントスケジュール

一茶館チラシをダウンロードする

​一茶館新そば祭り

一茶館新そば祭り

11月3日(日) 11:00ー13:00

一茶が逗留した離れ家で先着200名様に新そばを無料で提供します。

高山村産そば粉使用!!

入館料500円(割引券は使用できません。)

チラシをダウンロードする

一茶ゆかりの里秋麗茶会

期日:10月6日(日) 協力:裏千家小布施宗節社中 

会費:薄茶2席・点心で3000円 薄茶一席500円
締切:9月8日(日)

申込用紙をダウンロードする

企画展「一茶の歌仙と俳額展」

7月23日(火)〜9月1日(日)

チラシをダウンロードする

夏休み俳句教室開催 !!

一茶館で俳句の学習をしませんか。

令和元年7/31(水)8/1(木)8/2(金)*いずれか1日

■講師 高山俳壇の先生ほか

■大人の方も参加できます。(俳句の初心者のみ)

■お昼には楽しい「流しそうめん」の会を行います。

■参加費

中学生以下 200円 大人 500円(観覧料込み)

​チラシをダウンロードする

第17回一茶ゆかりの里フェスタ

7月7日(日)
一茶館無料開放、ミニコンサートやタケノコ汁のふるまいを行うほか、おやきやピザの出店もあります。
ミニコンサート
10時~12時
タケノコ汁ふるまい
限定約100食 12時頃

チラシをダウンロードする

俳句大会:第23回一茶ゆかりの里俳句大会

Please reload

一茶館ニュース
通信
一茶館のニュースレター
一茶瓦版

長野県上高井郡高山村高井5161−1

  • Twitter Clean

Website Copyright © 2016, 高山村 All Rights Reserved

ページトップ