高山村の春

春の見どころ

薄紅に染まる里の春

 そこはかとなく漂う薄紅の匂い 神秘がほころび

樹齢数百年 桜の物語が始まる

山里に人々の元気が息を吹き返し

いで湯のぬくもりに 忘れかけていた

四季のささやきが聞こえる

クリックで拡大

黒部のエドヒガン桜
黒部のエドヒガン桜

黒部は樋沢川扇状地の扇頂部の山間の里。集落の南の水田地帯の一角にある。 古村跡ともいわれる。幹周約7m、樹高約13m、樹冠約15m。黒味のある主幹が2本。 1本は垂直、他は斜めに伸びて枝がはうように広がる。 花の赤みが濃く、推定樹齢500年余の、村内でも希少なエドヒガン。 水田に囲まれての孤高の桜。樹下に「十二宮」が祀られる。

水中(みずなか)のしだれ桜
水中(みずなか)のしだれ桜

水中の山すそ。月生城跡の東麓字滝の入り地籍に満開時には薄緋色の滝の如く咲きほこる。幹周約4m、樹高約22m、樹冠径約12m、勢いのある大樹。寛保2年(1742)の水害の後、屋敷神であった鹿島神を祀った。その際植えたとされ、樹齢は250年を越えている。

黒部のエドヒガン桜
黒部のエドヒガン桜

黒部は樋沢川扇状地の扇頂部の山間の里。集落の南の水田地帯の一角にある。 古村跡ともいわれる。幹周約7m、樹高約13m、樹冠約15m。黒味のある主幹が2本。 1本は垂直、他は斜めに伸びて枝がはうように広がる。 花の赤みが濃く、推定樹齢500年余の、村内でも希少なエドヒガン。 水田に囲まれての孤高の桜。樹下に「十二宮」が祀られる。

1/2

ホーム

​サイトトップ

一茶について

小林一茶の人生

館について

一茶館はどんな所?

投句について

投句募集中 

周辺案内

高山村の 

リンク

リンクと 

一茶館ショップ

​ミュージアム 

お問い合わせ

​コンタクトフォーム 

Main Menu

入館割引クーポン