第11回一茶の句俳画入選者(一般の部)

第11回一茶の句俳画入選者(一般の部)
選考結果(敬称略・順不同)
 
*作品をクリックするとギャラリー表示します

俳画コンクール作品についてお詫び
一茶ゆかりの里一茶館事務室の空調施設の破損により、応募いただいた俳画コンクール出品作品の一部が水に触れ、彩色にじみ等を生じさせてしまいました。
 一茶館では、思いを込めて作品の制作に取り組まれた皆さんに心からお詫びを申しあげますとともに、今後このような事故が発生しないよう施設の管理に万全を期してまいります。
 彩色にじみ等が生じた作品をそのまま掲載させていただきますが、ご容赦くださるようお願い申し上げます。

大賞

秋風や磁石にあてる古郷山

北川 峰寿

特選

秋の風一茶心に思ふやう

宮島 美代子

秋の風一茶心に思ふやう

飯澤 淑子

これがまあ終のすみかか雪五尺

篠原 健三

特別賞

なりふりも親そっくりの子猫哉

倉升 祥子

梅咲けど鶯啼けどひとり哉

久保田 志行

​入選

そば時や月のしなのの善光寺

和泉田 正人

木曽山に流入けり天の川

伊藤 篤子

父ありて明けぼの見たし青田原

唐澤 照子

我が春も上々吉ぞ梅の花

玉井 金江

町中や列を正して赤蜻蛉

太田 聖子

あのやうに我も老しか秋のてふ

小日向 恵子

老たりな大評判のさくら花

三田村 義夫

たのもしやてんつるてんの初袷

剣 芙美子

われときて遊べや親のないすずめ

阿部 照美

かたつむりそろそろ登れ富士の山

川上 伊佐雄

佳作

蕎麦どきや月の信濃の善光寺

山岸 友幸

木菟や上手に眠る竿の先

望月 信幸

秋風やむしりたがりし赤い花

大井 敏子

秋立や雨ふり花のけろけろと

宮坂 久美子

秋寒や行く先々は人の家

春原 量子

どんぐりのねんねんころりころりかな

峯山 明

ひいき目に見てさへ寒きそふりかな

竹内 健三

秋風や磁石にあてる古郷山

中山 琴寿

涼風や力いっぱいきりぎりす

高橋 テル子

梅が香に障子ひらけば月夜かな

永井 淳嶺

恋すてふ角切られけり奈良の鹿

倉坂 桑史

きり~しゃんとしてさく桔梗かな

宮﨑 恒雄

Main Menu

お問い合わせ

​コンタクトフォーム 

ホーム

​サイトトップ

一茶について

小林一茶の人生

館について

一茶館はどんな所?

投句について

投句募集中 

リンク

リンクと 

一茶館ショップ

​ミュージアム